【応用情報技術者試験】午後の対策&勉強法【完全攻略ロードマップ】

応用情報技術者試験の午後の対策と勉強法
応用情報技術者試験の午後の対策と勉強法
お悩み人

応用情報技術者試験の午後の対策&勉強はどんな感じで進めればいいのだろう?あと、選択問題のおすすめがあれば教えてほしい。

こんな疑問に答えます。

✔本記事の内容

  • 応用情報技術者試験:午後対策&勉強法
  • 応用情報技術者試験:午後対策のスケジュール

この記事を書いている私は、2019年春季試験でAPに合格しました。

基本情報技術者、ネットワークスペシャリストも併せて取得しており、IPA試験に合格するコツを完全に掴みました。

本記事を読むことで、午後対策の勉強計画をしっかりと立てることが出来ます。勉強計画を立てて合格をつかみ取りましょう!

もりお

3分程度で読めます。記事後半の【具体的なスケジュール】も注目です。

【応用情報技術者試験】午後の対策&勉強法

応用情報技術者試験の午後の対策と勉強法
【応用情報技術者試験】午後の対策&勉強法

私がおすすめする、応用情報技術者試験の午後対策&勉強法は以下の5ステップです。

  • 午前の正答率を7割以上にする
  • 選択問題を4〜6分野に絞る
  • 過去問を解く(解説付き)
  • 知らない単語は書き出す
  • 同じ過去問を2回はする

上から順に解説していきます。

午前の正答率を7割以上にする

午前の過去問で、7割以上の正答率を取れるようにしましょう。

午後は、午前の応用です。午前の知識がないと、まったく解けません。

私は、7割以上の正答率を連続5回取れた段階で、午後の対策&勉強に入りました。

ToDo:午前の過去問で7割以上取れるようにする。

選択問題を4〜6分野に絞る

試験本番で選択する分野を4〜6分野に絞っておきましょう。

そうすることで、各分野の勉強時間を確保でき、深い知識が身につきます。

ちなみに、私は以下の5分野しか勉強しませんでした。

  • 情報セキュリティ 必須
  • システムアーキテクチャ
  • ネットーワーク
  • データベース
  • 組込みシステム開発

ToDo:選択問題を4〜6分野に絞る

どの分野にしようか迷っている人は【応用情報技術者試験】午後の選択問題のおすすめ度【選び方も紹介】を見ると、決めやすいと思います。

過去問を解く(解説付きの)

午後対策も過去問をすることは重要です。

理由は、試験本番でも似たような問題が出るからです。

ただ、まったく同じ問題は出ないので注意をしておきましょう。

そこで、必要なのが過去問解説です。

解説を読むことで、解答するプロセスと出題意図が分かり、応用力が付きます。

結果として、合格へ近づきますね。

ToDo:過去問&解説を見つける

まだ、過去問解説を持っていない人は「応用情報技術者 午後問題の重点対策」の購入を強くおすすめします。

✔あわせて読みたい

知らない単語は書き出す

過去問を解いている途中で、知らない単語が出たときは、別ノートにメモしましょう。

書き出したノートは、自分の苦手が詰まったノートになります。

このノートに書いてあることを全て理解した状態にすることで、午後の正答率はグングン伸びていきます。

ToDo:知らない単語リストのノートを準備する

同じ過去問を2回はする

同じ過去問を最低2回は解きましょう。

目的は、苦手の再抽出改善の確認です。

  • 苦手の再抽出:1回目で解けたのに、2回目で解けないもの
  • 改善の確認:1回目で解けなかったものが、2回目で解ける

上記を繰り返して、知識をつけていきましょう。

ToDo:解いた問題を整理する表を作る

【応用情報技術者試験】午後対策のスケジュール

【応用情報技術者試験】午後対策のスケジュール
【応用情報技術者試験】午後対策のスケジュール

私が行った勉強スケジュールをもとに、解説していきます。

解説内容は以下です。

  • 1ヶ月単位のスケジュール
  • 1週間単位のスケジュール
  • 毎日のスケジュール

試験3ヶ月前の、7月20日から勉強するイメージで書きますね。

1ヶ月単位のスケジュール

7月20日〜8月20日8月21日〜10月10日10月10日〜10月20日
午前対策午後の過去問を10回分最終調整

初めの1ヶ月は午前対策に没頭しました。

2ヶ月目に一気に午後の過去問を行います。

過去問10回分ですが、5分野しか解いていないので、そこまで時間はかかりません。

1週間単位のスケジュール

過去問1知らない単語休息日過去問1知らない単語過去問1過去問1

このペースで2ヶ月勉強すると、過去問が16回解けます。

同じ過去問を2回やったとして、4年分の過去問(8回分)を解けることになりますね。

ちなみに、知らない単語調べが早く終わった日は、過去問を解きましょう

余談ですが、過去問メモを漁っていると、合計30回分の過去問を解いていることが分かりました。笑

毎日のスケジュール

通勤・通学昼休み帰り道
スマホで参考書知らない単語調べスマホで参考書過去問or知らない単語調べ

過去問を解くために、まとまった時間(150分)が必要なので、夜にします。

その他のすきま時間では、スマホで参考書or知らない単語調べ をしました。

ちなみに、スマホで参考書を読むことで、知識の定着に大きく貢献できたと思います。

スマホで参考書を読むためのPDFは「徹底攻略 応用情報技術者教科書」という参考書に付属してきました。

控えめに言って、神参考書です。

まとめ:【応用情報技術者試験】午後の対策&勉強法

✔応用情報技術者試験:午後の対策&勉強法

  • 午前の正答率を7割以上にする
  • 選択問題を4〜6分野に絞る
  • 解説付きの過去問をする
  • 知らない単語は書き出す
  • 同じ過去問を2回はする

✔応用情報技術者試験の午後対策のスケジュール

以下の単位でスケジュール考える。例は上記参照。

  • 1ヶ月単位のスケジュール
  • 1週間単位のスケジュール
  • 毎日のスケジュール

✔絶対に買うべき参考書

解説がわかりやすく、問題量も豊富な「応用情報技術者 午後問題の重点対策

✔あわせて読みたい

(Visited 216 times, 4 visits today)