応用情報技術者試験に一発合格できた勉強法を紹介【初心者でもOK】

応用情報技術者試験に一発合格した勉強法
お悩み人

応用情報技術者試験に合格したいけど、勉強法が分からない。初心者でも合格できる方法が知りたい。あと、おすすめの参考書があれば教えてほしい。

こんな疑問に答えます。

✔本記事の内容

  • 応用情報技術者試験の試験概要
  • 応用情報技術者試験の勉強法:午前編
  • 応用情報技術者試験の勉強法:午後編
  • 応用情報技術者試験のおすすめ参考書

この記事を書いている私は、2019年春季試験でAPに合格しました。

基本情報技術者、ネットワークスペシャリストも併せて取得しており、IPA試験に合格するコツを完全に掴みました。

午前編・午後編を徹底解説しています。勉強法が分からなくなったときはいつでも戻ってきてくださいね‼

もりお

本記事は、私が実際に一発合格できた勉強法を紹介しています!
もりおのプロフィールはこちら

応用情報技術者試験の試験概要

応用情報技術者試験の試験概要

まずは、応用情報技術者試験の試験概要を以下の3点に絞って解説します。

  • 試験日程
  • 試験の形式
  • 難易度は高い

試験日程

応用情報技術者試験は1年のうち、春と秋にそれぞれ1回開催されます。

それぞれ、4月の第3日曜日、10月の第3日曜日に開催。

時間は9:30〜15:30と長丁場の試験です。

試験の形式

応用情報技術者試験の形式は以下のようになっています。

午後問題午後問題
試験時間9:30〜12:00(150分)13:00〜15:30(150分)
問題数80問11問(うち5問を解答)

午前・午後ともに、2時間半もあるので、体力勝負な部分もあります。

難易度は高い

応用情報技術者試験の平均合格率は20〜25%程度で、かなり難易度は高いです。

言い換えると、5人中1人が合格します。

とはいえ、記念受験の人もいるので、しっかり勉強すれば一発合格も夢じゃありません。

応用情報技術者試験の勉強法:午前編

応用情報技術者試験の午前の勉強法

応用情報技術者試験:午前の勉強法のポイントは以下です。

  • 参考書は1つ
  • 勉強の目安時間
  • コツ2つと裏技1つ
  • 勉強スケジュールを立てる

順に解説していきます。

参考書は1つ

購入する参考書は1つにすることを強くおすすめします。

2冊以上買うと、集中できなくなります。(体験談)

さらに、以下のどちらかの参考書であれば、試験範囲をすべてカバーしているので、1冊で十分です。

参考書については、記事後半でも解説します。

勉強時間の目安

基本情報技術者取得者は50時間、初めての方は100時間は必要でしょう。

以下に勉強時間のざっくりとした内訳を掲載します。

✔基本情報技術者取得者の場合

  • 参考書を読む:15時間
  • 過去問を演習:35時間

✔初めての方の場合

  • 参考書を読む:40時間
  • 過去問を演習:60時間
もりお

過去問演習に勉強時間を多く割きましょう!

コツ2つと裏技1つ

応用情報技術者試験の午前対策には、コツが2つ、裏技が1つあります。

✔コツ2つと裏技1つ

  • 流し読み ✕ 3周
  • 過去問を解きまくる
  • 苦手問題集を作る(スクショでOK)←裏技

結論から言うと、コツの本質は、過去問を暗記するくらい解くことにあります。

実は、応用情報技術者試験の午前問題は、過去問からそのまんま同じ問題が60%ほど出題されるからです。

もちろん、過去問を暗記するだけでは、午後試験も突破できませんので、参考書を読むことも大事です。

✔あわせて読みたい (新規ウィンドウで開きます)

コツと裏技に関しては応用情報技術者試験(AP):午前の勉強法は2つのコツと裏技で攻略せよ!で詳しく解説しております。

勉強スケジュールを立てる

大体でもいいので、合格までの勉強スケジュールを立てましょう。

スケジュールを事前に考えることで、勉強の進み具合がいつでも確認できます。

ちなみに、私の1ヶ月単位のスケジュールは以下でした。

✔1ヶ月単位のスケジュール

1月20日〜2月20日2月20〜4月10日4月10日〜4月20日
午前対策午後対策・最終調整
・疑似試験

1ヶ月単位・1週間単位・毎日のスケジュールを確認したい人は、以下の記事からご覧ください。

応用情報技術者試験の勉強法:午後編

応用情報技術者試験の午後の勉強法

応用情報技術者試験:午後の勉強法のポイントは以下です。

  • 勉強の目安時間:100時間の内訳
  • 選択問題を4〜6分野に絞る
  • 過去問を解く(解説付き)
  • 時間を測る

順に解説していきます。

勉強の目安時間:100時間の内訳

応用情報技術者試験の午後対策に最低100時間は必要でしょう。

以下で解説しますが、100時間というのは、過去問&解説にかかる時間です。

選択問題を4〜6分野に絞る

応用情報技術者試験の午後対策では、選択問題を事前に絞ることが大事

なぜなら、事前に分野を絞ることで、狭く深い知識が得られるからです。

10問中4問を選択して解答する、という形式なので、当日に解かなかった6問分の勉強はハッキリ言って無駄になります。

絶対に、事前に絞ってから勉強しましょう。

10分野のおすすめ度は【応用情報技術者試験】午後の選択問題のおすすめ度【選び方も紹介】で詳しく解説しています。

もりお

10分野それぞれの特徴も解説しています。必読ですよ!

過去問を解く(解説付き)

応用情報技術者試験の午後試験も、過去問を解くことが重要です。

過去問を解いていく中で、出題意図が分かるようになったら一気に点数が伸びます。

私は、解説をしっかり読むことで、出題意図が分かるようになりました。

解説はネットにも掲載されていますが、書籍のほうが読みやすく正しい情報が書いてあります。※出版社のチェックもありますからね。

私が使用した、午後対策の過去問&解説書は「応用情報技術者 午後問題の重点対策」です。

解説が「黒太字・緑文字を読むだけで理解できる」ように作られていることがポイント。

✔あわせて読みたい

時間を測る

過去問を解く時は、時間を測りましょう。

理由は、試験本番のスピード感に慣れておく必要があるからです。

具体的に、1問あたり25分で解くことをおすすめします。

25分 ✕ 5問 = 125分。残った25分で見直しを行うような時間配分。

練習の時から25分ペースに慣れておくことで、試験本番でも余裕を持って解くことが出来ますよ。

応用情報技術者試験のおすすめ参考書

応用情報技術者試験のおすすめ参考書

応用情報技術者試験のおすすめの参考書を、午前・午後で1冊ずつ紹介します。

なお、その他のおすすめ参考書は【2020年秋季】応用情報技術者試験(AP)の参考書おすすめランキングで解説しています。

簡単に解説していきます。

午前編:徹底攻略 応用情報技術者教科書

徹底攻略 応用情報技術者教科書」の特徴は全文PDFがついてくること。

試験範囲のカバー率、分かりやすさもNo.1です。

さらに、PDFをスマホに入れておけば、すきま時間で勉強することもできますよ。

✔あわせて読みたい

午後編:応用情報技術者 午後問題の重点対策

応用情報技術者 午後問題の重点対策」の特徴は分かりやすい解説&問題量です。

午後対策で過去問の解説を読むことは重要です。

本書は、解説の分かりやすさ&読みやすさがNo.1でした。

さらに、問題量も豊富なので、これ1冊で合格を狙えます。

✔あわせて読みたい

まとめ:応用情報技術者試験に一発合格できる勉強法を紹介

✔応用情報技術者試験の勉強法:午前編

  • 参考書は1つ
  • 勉強の目安時間
  • コツ2つと裏技1つ
  • 勉強スケジュールを立てる

✔応用情報技術者試験の勉強法:午後編

  • 勉強の目安時間
  • 選択問題を4〜6分野に絞る
  • 過去問を解く(解説付き)
  • 時間を測る

✔応用情報技術者試験のおすすめ参考書

✔あわせて読みたい

(Visited 115 times, 1 visits today)