更新料の罠!格安ドメインのデメリットを解説します【.com取ろうぜ】

格安ドメインのデメリット
もりお

格安ドメインは、長期的に見ると安くありませんでした…

ある日、ドメインを取ろうとお名前.comへアクセス。目に飛び込んできたのは「.site 50円」の文字

ラッキー!ポチッとn…いや待てよ。うまい話には裏がある。

いろいろ調べた結果をお届けします。

✔ 本記事のまとめ

  • 格安ドメインは更新料が高い
  • 格安ドメインは怪しく見える
  • 結論:「.com」がおすすめ

格安ドメインを定義しておきます

  • 「.xyz」
  • 「.site」
  • 「.info」
  • 「.work」
  • 「.cloud」

本記事では、格安ドメインを100円以下で買えるような、比較的安いドメインのことを指します。

格安ドメインのデメリット2つ

  • ドメインの更新料が高い
  • 怪しく見えるドメインもある

格安ドメインのデメリットは以上の2つだと考えます。

順に、解説していきます。

その①:ドメインの更新料が高い

ドメインは更新しないと使えなくなるので、1年単位の更新が必要。

格安ドメインでは、ドメイン更新のための費用が基本的に高いです。

以下の表で、購入費用が50円ほどの「.site」と、760円の「.com」を比較してみました。

「.site」「.com」
購入費用50円760円
更新料(1年)3,980円1,280円

上記の表をもとに、1年目〜5年目でかかるドメイン費用(累積)を計算しました。

運営年月「.site」「.com」
1年目50円760円
2年目4,030円2,040円
3年目8,010円3,320円
4年目11,990円4,600円
5年目15,970円5,880円

まさか、5年目に突入する段階で、約3倍も「.site」のほうが費用がかかることが分かります

✔ 注意点

ドメインの更新料は、3年まとめて支払ったりすると割引されます。なので、上記の表に誤差がありますが、お許しください。詳しくは「お名前.com-ドメイン更新料金」からご覧ください。

また、すべての格安ドメインの更新料が高いわけでもありません。ドメイン購入前にお確かめください。

その②:怪しく見えるドメインもある

読者様によっては、格安ドメイン「.site」や「.xyz」は怪しく見えてしまうときがあります。

日本で多く使われているドメイン名は「.com」「.co.jp」「.org」などですね。人は自分の知らないものを見聞きすると「怪しい・怖い」といった感情が芽生えます。

特にネットの世界で「怪しい」と思われてしまうと、クリックされないでしょう。つまり、誰もブログを読んでくれません。

ドメインは種類を問わずSEO的には平等である…しかし

ちなみに、格安ドメインでも検索順位への、直接的な影響はありません。以下のように公言されています。

検索において、特定の TLD のキーワードが有利に働くことも不利に働くこともありません。

ウェブマスター向け公式ブログ

とはいえ、怪しいと思われて、クリックされなかった場合は、徐々に検索順位が落ちていくでしょう。

よって、格安ドメインの使用により、場合によっては検索順位への悪影響が見込まれると考えます。

結論:「.com」がおすすめ

もりお

迷ったら「.com」にしましょう!

初期費用の観点で見ると、格安ドメインよりも高く見える「.com」。ですが、2年以上使うドメインであれば、迷わず「.com」にしましょう。

なぜなら、安く運用でき・怪しくないサイトに仕上がるからです。

迷うべきは「.com」の部分ではなく「Xxx.com」の「Xxx」の部分ではないでしょうか?

\ドメイン検索は以下のボタンからどうぞ!/

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

(Visited 43 times, 1 visits today)